木造建築賞等を開催して普及に取り組む大分県木造住宅等推進協議会

木造建築の良さを広めていきたい「建築主」「設計者」「施行者」すべてが対象の建築賞です

大分県木造住宅等推進協議会の発足当初から開催してきた、
「豊の国木造建築賞」を平成27年度で一旦区切りを付けて、
新たな建築賞として開始する「おおいた 木の良さを生かした建築賞」。
従来の建築賞の「施主・設計者・施工者」の3者を表彰する
スタイルを踏襲しながら、「新築(改築)」「リフォーム」「内装木質化」
の3種の工事で賞を競います。

新たな建築賞の詳しい募集要綱はこちら>>
「建築主」「設計者」「施工者」すべてが対象の建築賞です。私たちと一緒に木造建築の良さを広めていきましょう
木造住宅を振興させる大分県木造住宅等推進協議会について

昭和60年に発足した、「大分県木造住宅等推進協議会」は、大分県の気候・風土・文化に適合した良質な木造住宅等の
生産供給の促進、地域住宅産業の振興を図るため、建設関連団体と林業関連団体及び行政によって構成されます。
良質な木造建築物の顕彰や各種研修会や講習会を通じ、地域特性に応じた木造建築物の技術開発、生産供給システムの開発、
建設の促進等を総合的に実施すること目的としています。

募集要項「おおいた 木の良さを生かした建築賞2017」
主催 大分県木造住宅等推進協議会
共催 大分県
募集対象 ・対象となる工事種別は、新築(改築を含む)、リフォーム、内装の木質化とする。
・建物の用途は問わない。県産木材使用の有無も問わない。
・完成後概ね5年以内の建築物を対象とし、過去に「豊の国木造建築賞」へ応募している建築物は、応募不可とする。
表彰対象者 建築主、設計者、施工者の三者とする。
募集期間 平成29年3月24日~平成29年7月31日
建築賞に応募したい、木造建築を広めたい、過去の受賞作品を知りたいなどお気軽にお問い合わせください